続・真実は、いつも、少数派:::ネコと暮らすモノトーンインテリアのブログ

続編でついにペット可物件へ引っ越しました!モノトーンなシンプルインテリアを目指して日々格闘中のブログです。

カウンター

現在の閲覧者数:

書いている人

cathy

cathy 20代女性。

ファミリータイプに引っ越したので、ブログを新しくしました。
以前の1DK・1Kのブログはこちら

「ネコ好きが書く」から「ネコと暮らす」になりました。

**引越し歴**
2003/4~広い台所の1DK(関東)
2008/3~広い洗面所の1Kロフト付(都内)
2009/7~広いバルコニーの1LDK(関東)

部屋作りINDEX

tagcloud

cathyのブログ

続・真実は、いつも、少数派
2009/07/01~

裏・真実は、いつも、少数派
2009/09/23~

真実は、いつも、少数派
~2009/06/31

検索

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅で羽毛布団を洗ってみた。洗濯編

2月某日、4月下旬並みの陽気のこの日、羽毛布団を自宅で洗うことになりました。
正しくは、なにがなんでも洗わなくてはならない状況に追い込まれた!って感じです。
ネコ羽毛布団粗相をしてしまったのです(((;д;)))

実を言うと、羽毛布団を洗うのは2回目。
1回目は、同居人の羽毛布団で、今回は私の。

1回目は、初めてのことで、おまけに夜だったし、ダメもとでやりました。
今回また洗うことになって、
意外と羽毛布団って自分で洗えるの?と思ってる人が多いかも(私もそう思っていたので。)しれないと思い、ネタにしてみました。

※布団屋さんでは、羽毛布団は自宅で洗えないと注意しているようです。
以下の手順・方法・仕上がりは、私個人の実体験に基づく「記録」で、これが正しいのかはわかりませんし、積極的に推奨するものでもありません。
あくまで自己判断・自己責任にてお願いいたします。


* * *
私の方法は、浴槽で漬け置き洗いです。
水洗い→洗剤洗い→すすぎ2回→柔軟剤→絞る→洗濯機の脱水

浴槽から洗濯機へ運ぶのが、べらぼうに重たいので、男性の手を借りることをお勧めします。ネコの手は借りても全く役に立ちません。

羽毛布団データ
・シングルサイズ 1枚
・フェザー90% ダウン10%
洗濯タグ ドライ

洗濯機データ
・10kgまで洗えるHITACHI製(7年前のもの)
・布団コースあり(このコースは使いませんが、布団が入る洗濯機が必要)

洗剤データ (普通に使用しているなら、洗剤は不要かも。)
・使った洗剤はアタックNeo、ワイドハイターEX(除菌・消臭を期待)
・重曹(大さじ10くらい)
・柔軟剤(抗菌仕様のもの)

羽毛布団は非常にデリケートらしいので、カバーをつけたまま洗いました。(良いのか悪いのか…)
なんでも、少しの傷や縫い目のほつれから中の羽毛が出てしまうそうなので、それを少しでも減らそうとカバーはつけたままにしました。
→幸い、羽毛の飛び出しは今のところなし!

まずは、浴槽の縁に羽毛布団を引っかけた状態にして、
シャワーでしっかりと濡らします。

P2100053.jpg

浴槽に、洗剤をキャップ半分くらいずつ入れて、シャワーで5cmくらいお湯を入れて泡立てます。
濡れた布団を浴槽に滑り落とし、ざっくり蛇腹折りにして、平らにします。
(とーーーっても重いので、腰に注意)

羽毛布団がかぶるくらいお湯を入れて、足で20回程度踏みます。
カバーに空気が入って、膨らんでくるので、まんべんなく液が行き渡るように踏んでください。
あくまで優しく優しく、です。

で、15分放置。

布団の端を持ち上げて、栓を抜き、洗剤液を流します。
このとき、布団を浴槽の縁に持ち上げて置きましょう。
水を吸った羽毛は死ぬほど重いので、レスキューを求めるべし!
水が抜けたら、布団の四隅をそれぞれ絞ります。
これが大変ですが、やっておかないとすすぎでもっと苦労するので、心してやってくださいまし!

今度はすすぎです。
布団を浴槽に落とし、水を入れて、足で踏む。
15分放置。また足で踏んで、水を抜く。
これを2回です。
絞ったときに、水がぬるぬるしていなければ大丈夫です。

最後は柔軟剤。(羽毛に柔軟剤が良いかは良く分からないので、各人でご判断ください。)
洗剤液を作る要領で、先に柔軟剤を溶かした方が良いと思います。

そして最後の脱水です。
手で絞るのを終えたら、いよいよ洗濯機へ。
布団丸ごと入る桶などがあれば便利ですが、我が家は浴室のすぐ隣に洗濯機があるので、直接ぶち込みました。
水が垂れまくるのは必須なので、バスタオルや足ふきマットを敷きつめて準備。

コツはありません。根性で持ち上げてください。

洗濯機の回し始めは、片寄りで暴走する恐れがあるので、絶対にそばを離れないでくださいね。
ガッタンゴットン音がしたら、一旦停止して、ほぐしてください。
私は3分回して上下を入れ替え、さらに3分。

脱水後の羽毛は、女性でも運べるくらいの重さになってます。

長くなってしまったので、乾燥は、その2へ続きます。

みなさんの応援が更新の励みになります♪よろしければポチッとお願いいたします∩(´∀`)∩





関連記事
スポンサーサイト
UserTag: 羽毛布団  洗濯  ネコ  粗相 

コメント

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。